FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

明日から本気出す

  // 

自分の頭を整理するところ。信じると後悔するよ。 ミニ四駆は左のタグから検索がおすすめ

両ネジシャフトの有用性 

最近走ってるとネジが曲がる曲がる・・・

そりゃあのスピードでレーンチェンジ突っ込んでますしコースアウトだってします

今までフロントだけネジが強ければいいやと思ったけど前後で両ネジ始めました


今までキャップスクリュー(以下六角)や40mmステンネジを使っていて不満だったことは沢山ありました



フロントに使う場合
・バンパーレスの上にステー二枚貼りなのでバンパーにスラスト調整用の紙を挟んでもネジの剛性でほぼ真っ直ぐに戻ってしまう(六角)
・走行中に曲がる(ステン)
・スラスト付けようとして曲げると中で曲がってWAローラーが動かなくなる(ステン)
・六角レンチを忘れる(俺が悪い)

リヤに使う場合
・頭が出過ぎる(六角)
・真っ直ぐ付けたつもりが中でぐにゃぐにゃになり横から見るとふにゃふにゃ(ステン)
・六角レンチを(ry


結構不満だねー


そこでこの両ネジを試しに付けてみました!

まず比較

edit_2013-05-28_22-23-15-074.jpg


ステンネジと両ネジで比較すると長さのアドバンテージはわずか2mm
この長さにメリットを見いだせるほど極めてないのでここはほぼ同じ
あとはナットがある分で取り付け位置が多少限られる点

六角と比べるとネジ切りのない部分が両ネジの方が長いので強度面が安心できそう
更にネジ切りなしの部分の太さも少し太い模様
ベアリング用ワッシャーが入らないがナットの部分で押さえて回転に問題は無さそうです

長さは大きく違うのでナットの位置の問題のみ



さて最初にあげた点がどの程度解消されるのか?


edit_2013-05-28_22-28-31-326.jpg

比較の写真も撮れば良かったとも思いましたが両方付け変えてしまいました(笑)


ステーの下側のナット、だいぶ傾いてますがネジ自体がスラストに合わせてほぼ真っ直ぐになっているのがわかりますでしょうか?

両ネジのナットがスラストの付いたステーにぴったり平行になろうとして綺麗にローラーにスラストが付いています。


また、WAが入っているところはネジ切りなしなので中でネジが曲がることもなく、もし曲がるとしてもスタビの位置かステーより下になると思います。
(指で押してもびくともしませんが)


デメリットはそのナットの分ローラーが高くなってしまうこと、それ以外はメリットばっかり!



リヤも同じ理由で垂直が出ます

ジャパンカップはウェーブデジタルですし両ネジ、お勧めします。
スポンサーサイト

ミニ四駆 ブログランキングへ
ミニ四駆  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top