FC2ブログ
06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

明日から本気出す

  // 

自分の頭を整理するところ。信じると後悔するよ。 ミニ四駆は左のタグから検索がおすすめ

ホイールの精度【ミニ四駆】 

7月は500kmほどミニ四駆を走らせるために自転車を漕ぎました(おい


今日はとあるホイールに変えた時、シャフトも曲がっていないのにぶれているのを見つけたので手持ちのホイールの精度を調べてみました。



簡易的にではありますが
①ホイールの中心がぶれていないか(ストップ&ゴーによる目視)
②ホイール外周がぶれていないか(目視)
③ヤスリを当てる(当たり方のチェック)

この三点で調べてみたいと思います。


ここで考慮しなければいけない点は
大きいホイールの方が少しのバランスの崩れでブレがでやすいこと
工業製品なので誤差があります。たまたま自分の手持ちのが歪んでいるだけかもしれません

ではまず精度の高かったもの


・大径ローハイト
edit_2013-07-27_21-37-59-747.jpg

・大径カーボンホイール(ソフトスリックタイヤ)
edit_2013-07-27_21-59-12-502.jpg

・アルミディスクホイール(ローハイト)
edit_2013-07-27_21-39-48-637.jpg


この三点は複数チェックしたけどとてもよい。
特にアルミディスクは完璧、このミニカー走らせてるような雰囲気のデザインが何とかなれば・・・←
19mmのゴムリン外すと同じサイズという噂(未検証)


次に精度はいいけれども理由付きで上のものよりワンランク下と判断したホイール

・スーパーX・XXカーボン大径ナローホイール
edit_2013-07-27_21-40-15-237.jpg
精度もよく、軽量で気に入っているが細いスポークの上に3本スポークで大径のため歪み癖がつくとおしまい

・ローハイトタイヤ用ホイール(フィン、ディッシュ)
edit_2013-07-27_21-39-35-768.jpg
edit_2013-07-27_21-59-48-008.jpg

フィンはブラストアロー付属品
両方ともデザインがずれているものがある
フィンは中心付近の5つの点が、ディッシュは中心の穴がずれているものが手持ちでありました。

・ローハイトタイヤ用ホイール(5本スポークエアロアバンテレッドスペシャル付属以外)
edit_2013-07-27_21-38-41-668.jpg

貫通していないもので赤と黒を試しました
精度も強度も悪くないのですが、最初のアルミディスクがよかったこと、それから後に紹介するエアロアバンテレッドスペシャル付属のホイールの二点を考えた時にこの位置が正しいと思いました。



次に目視でちょっとぶれてるかな?というホイール

・ローハイトタイヤ用ホイール(エアロアバンテレッドスペシャル付属)
edit_2013-07-27_21-39-00-465.jpg

これは一体どうしてしまったのか手元にある6個中4個にブレがあり、そのうちの2個はブレが多少大きいと感じました。
メッキ処理で崩れたのか保管やお店から自宅への運送が悪かったのか、謎です。


・小径ホイール(S2VマグナムVソニック付属白黒)
edit_2013-07-27_21-40-01-543.jpg

中心の半球状の部分は全くぶれていないように見えるので歪みやすいのかもしれない



最後に「えっ」って思ったホイール

・スーパーX・XXカーボン小径
edit_2013-07-27_22-35-28-179.jpg

これは完全に精度がひどい
付属の通称「小径バレル」を履かせるとタイヤセンターの継ぎ目の位置ではブレが少なくそこから両側とも離れるほどブレまくり
なんだかタイヤ取り付け位置のセンターを軸にホイールがねじれている感じ
これはダメダメ、精度良いものに当たっても歪みやすそうなのでやめた方がよさそう・・・?



以上、手持ちのホイールで検証しましたがよく使われる(?)ものでいくと大径ライトウェイトを持っていないことに自分で驚きました。
それ以外はそこそこ調べられたかな?

あとは大径ローハイトだとメッキ処理があるので5本スポークローハイトみたいな現象が起こるのか気になるけども
スポンサーサイト

ミニ四駆 ブログランキングへ タグ: ミニ四駆  考察 
ミニ四駆  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top