FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

明日から本気出す

  // 

自分の頭を整理するところ。信じると後悔するよ。 ミニ四駆は左のタグから検索がおすすめ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆 ブログランキングへ
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

嫌いなVSを組む[シャーシテコ入れ] 

どう考えても使いにくさ100%(当社比)のVSシャーシを組んでみようと思います。


edit_2013-11-22_10-52-21-717.jpg



そもそもなぜ苦手なシャーシを使うのかというとコンパクトさっていう重要な要素に今更気付いてしまったのです(笑)


脳内考察した結果ナイアガラ系コースでVSにXXで勝つのは事実上不可能だと感じました。

その一つがブレーキです。



ショートホイールベースのおかげでブレーキを目いっぱい後ろに下げられます。

すると飛行姿勢もかなり低くなるので結果ゆるいブレーキで走行ができる、こんな単純なことなんですけどね。



自分はVS大嫌いなのですが敵を倒すにはまず敵を知らないといけない、ということでVSに着手しました。
(前置き長い)



さてさて今回はとりあえず駆動系に手を入れました。抵抗抜きはみなさん色々やり方があると思うのですがさらっと手を入れたところを解説するので参考になればと思います。

edit_2013-11-22_10-52-39-691.jpg


まずフロント側ペラシャ周りですねー

白い物が付いていると思いますがこれはサンダーショットMK.Ⅱピンクスペシャルのグラスファイバー強化ランナーです。

少しでも摩擦が減れば、と思い滑りが良いと言うグラスファイバーでペラシャ受けの遊びを減らしました。


また、ギヤカバーにも穴があいていると思いますが520で抵抗抜きをするため、当たる部分を切除しました。


edit_2013-11-22_10-53-21-976.jpg


次にリヤです。

左車輪側の壁に520を当てて抵抗抜きをしています。

が、

520が90°の間隔で壁に二点接地しているのでクラウンからの力が加わったときにベアリングが斜めになろうとします。
するとやはり回転抵抗になってしまうので620の方がよさそうです。

620ならモーター側にも引っかかるので力のロスがより少ないですね。


またモーターサポートをちょん切って使ってますが切る方を間違えました(笑)


モーターはマルチテープを駆使して下に押し付けクラウンとモーターピ二オンの位置調整をしています。

ちなみに620だとモーターサポートをさらに加工しないと使えません。


edit_2013-11-22_10-54-25-078.jpg


これがドライブ側のギヤカバーになります。


写真で気付きましたが爪裏にスポンジ貼るのを忘れてますねw走行中爆発するので爪にスポンジを貼りましょう。


一か所色が違うのがわかりますでしょうか?

フロントと同じくペラシャの触れる部分を今度はARシャーシのPOMランナーで位置調整しています。



で、みなさんお待ちかねのフロントバンパーなのですが・・・


edit_2013-11-22_10-58-52-998.jpg


実は実験車がこれです。がっつり補強してますねー・・・


edit_2013-11-22_11-00-28-978.jpg
edit_2013-11-22_11-00-56-032.jpg



これだけやっても割れてしまいました・・・


蛍光VSはどうやろうかまだ考え中です。








大事なフロントバンパーが書けなくてスイマセン

ただ駆動系については難しいことはしていないつもりなので是非参考にしていただければと思います。

ペラシャ受けとかランナー接着してひたすら音が良くなるまでやすりで削って嵌めて回すの繰り返しだしねw


それではこの辺で・・・
スポンサーサイト

テーマ: ミニ四駆

ジャンル: 趣味・実用


ミニ四駆 ブログランキングへ
ミニ四駆  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ohgami.blog24.fc2.com/tb.php/117-0d23d812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。